家で勉強できる人が強い理由|受験勉強はカフェや図書館より自宅がおすすめ!

今回は大学受験は家で勉強できる人が強いというテーマでお話していきます。

受験生の皆さん、勉強をするときは図書館やカフェに出かけて家に帰ったら何もしないなんてことはしていませんか?

家はくつろぐ場所だからと割り切ってしまっていませんか

実はこのスタイル危険なんです!

この記事ではその理由を解説していきます。

この記事はこんな人に向けて書いています
  • 外でしか集中して勉強できない
  • 家にいるときはだらけてしまう
目次

外で勉強することはおすすめ

カフェや図書館、塾や学校など自宅以外の場所で勉強すること自体はむしろオススメです。

  • 邪魔する物がない
  • 長時間集中できる
  • 場所を変えることでリフレッシュできる
  • 周りをみてモチベーションが上がる

といったメリットがあり筆者もよく外で勉強していました。

≫マクドナルドで快適に勉強する方法

では問題は何かというと自宅では全く勉強ができない、しようとしない人です。

理由を見ていきましょう。

外で”しか”勉強できないことの問題

外でしか勉強できない人が危険な理由は主に5つあります。

危険な理由
  • 疲れる
  • お金がかかる
  • 勉強時間が限られる
  • コロナの影響を受ける
  • 直前期は学校がない

疲れやすい

外で勉強すると周りが静かなので気を遣い、無意識にうちに結構疲れます。

たまにならいいですが毎日朝から晩まで外で勉強していたら本番までの数ヶ月やる気をキープすることは難しいです。

途中でプツッとスイッチが切れしまうこともあるのでおすすめできません。

勉強以外のことに労力を費やすのってもったいないですよね。

自宅なら長時間勉強しても負担を最小限に抑えることができます。

お金がかかる

外で勉強すると何かしらのお金がかかります。

カフェに行けばもちろん、図書館や塾に行くのでも交通費や昼食代がかかります。

一回でかかるのは数百円でも毎日継続したら結構な額になりますから注意が必要です。

勉強時間が限定される

外で勉強すると言うことはもちろん勉強できる時間が限られます。

図書館や学校なら開館時間、カフェや塾なら営業時間中しか利用できません。

もちろん場所によりますが公立図書館の場合午前10時〜午後5から6時くらいまでのところが多いです。

もし期間から閉館までいたとしても7時間、お昼休憩も考慮すると6時間ちょっとしか勉強できません。

自宅では全くしないとなると受験期の勉強時間としては少し足りません。

(1日何もない日なら10時間以上は確保したいところです。)

塾の場合は夜遅くまで空いていますが午後から開くところがほとんどですからやはり時間が足りません。

定休日や休館日もありますからどうしても自宅での勉強も必要になりますよね。

また自宅なら朝早くから夜遅くまで好きな時間に好きなだけ、自分のペースを崩されることなく勉強することができます。

コロナの影響を受ける

まず一つは外に出ることで感染リスクが上がります。

入試当日に熱があれば受験することができなくなります。

重症化するしないとかの問題ではなく、受験期の間は感染症対策に敏感になる必要があります。

またコロナの状況によって図書館などが使えなくなることがあります。

使えたとしても2時間間隔くらいで換気のために利用者の入れ替えを行っているところも多く、正直勉強は捗りません。

実際私が受験生だった2020から2021年にはコロナのためにどこも利用できなくて勉強場所がなくなることがありました。

自宅で勉強できない人はこうした時に勉強することができなくなってしまいます。

リスク管理という意味でも自宅でも勉強ができるようになる必要があります。

直前期は学校がない

共通テストが終わり私立入試が始まる2月になると学校の授業は完全になくなり家庭学習期間に入ります。

最後の三週間くらいは各自で勉強することになります。

この時になっても自宅で勉強する習慣がついてないと毎日身支度をして勉強をしに出かけなければなりません。

もし出かけるのが面倒になってしまえば家でだらけてしまうという結果にもつながります。

自宅で勉強する習慣がついていれば家に篭りっきりで自分のペースで勉強に集中することができます。

そしてたまに気分転換のために外に勉強をしに行く、これくらいのスタイルがおすすめです。

以上が私が自宅での学習をすすめる理由です。

どうやって家での学習習慣をつけるか

では現在家=くつろぐ場所と考えている人はどうやって勉強習慣をつければいいのでしょうか。

おすすめの対策を二つ紹介します。

学習環境を整える

自分が机に向かいたくなるような環境を作りましょう。

勉強に必要ないものは見えないところに移動して、自由に参考書を広げられるように机の上を整理しましょう。

勉強の快適度が変わるだけでもかなりモチベーションが変わります。

一度試してみてください。

YouTubeを活用する

受験勉強においてYouTubeの活用はかなりおすすめです。

下手な塾よりわかりやすく解説している講義系動画勉強Vlogでモチベーションを上げてくれる動画など有益な動画がたくさん上がっています。

家庭学習期間に入ると勉強をしている友達の姿を見ることができなくなりモチベーションの維持が難しくなるのでYouTubeで人が勉強しているのを見てモチベーションを上げることが有効になります。

またやる気がでない時でもYouTubeで講義系動画を見るだけならハードルが下がり、勉強にとっつきやすくなります。

外に出てしまうとWi-FiがなくYouTubeが見られない環境も多いのでYouTubeを学習の一環に取り込むことで自宅で勉強をする動機にもなります。

実際現役の時には本当にYouTubeにお世話になりました。

当時お世話になったおすすめのチャンネルは全てこちらの記事で紹介していますのでぜひ活用してください。

»大学受験生にオススメの超優良チャンネル

»受験勉強にはスマホを活用しよう

デスク周りの環境を整えたりYouTubeを活用しながら自宅で勉強して行けば毎日少しずつ集中できる時間が伸びていきますから、徐々に習慣化していってください。

自宅に籠もっても集中力を持続させるコツはこちら

≫毎日自宅に籠もっても集中力を持続させる方法4選

最後に

以上受験生は自宅で勉強できる人の方が強いというお話をしてきました。

今自宅で勉強する習慣がないという人も少しずつ自宅での学習時間を増やしていってください。

誰でも慣れればできるようになります。

最後に要点をまとめておきます。

まとめ

外でしか勉強できない人は危険

  • 疲れる
  • お金がかかる
  • 勉強時間が限られる
  • コロナの影響を受ける
  • 直前期は学校がない

家での学習習慣をつける方法

  • 学習環境を整える
  • YouTubew活用する

この記事を読んだ人におすすめ

≫【独学|モチベアップ】大学受験勉強はYouTubeを活用したもん勝ち!その理由とオススメチャンネル

≫【勉強の邪魔?封印?】受験勉強にはスマホを活用しよう!おすすめ活用法9選!

≫【マックで勉強/仕事する人必見!】マクドナルドで快適に過ごす方法を徹底解説

以上、ポッキーがお送りしました。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次