【Apple Pencilのペン先】購入場所、交換時期、交換方法や代替品などを徹底解説

今回はiPadユーザーにとっては必須のアイテム、Aplle Pencilのペン先交換についてまとめていきます。

Apple Pencilのペン先って実は消耗品で使用しているとペン先が削れてきたりして交換が必要になるんですよね。

それなのに購入時に公式からの説明って何もなくて困っている人も多いと思います。

そこで今回はペン先の購入場所、交換時期、交換方法やサードパーティー製の代替品について詳しく説明していきます。

この記事はこんな人に向けて書いています
  • 最近Apple Pencilの先がつるつるしてきた。
  • ペン先が削れて金属が出てきた。
  • ペン先が緩くなって外れやすくなってきた。
  • まだペン先を交換したことがなく買い方や交換の仕方がわからない。
  • 純正は高いからサードパーティー製を検討している。
目次

どこで購入できる?

まずは購入場所についてですが、基本的にApple pencilと同じところで購入できます。

具体的には

  • Apple Store
  • Amazon
  • 楽天
  • 家電量販店

などです。

商品ページを張っておきます。

Apple(日本)
Apple Pencilチップ - 4個入り Apple Pencilの予備のチップを手元に置いておきましょう。Apple製です。
¥2,312 (2022/01/18 00:56時点 | Amazon調べ)
\最大10%ポイントアップキャンペーン開催中/
Amazon

Apple Storeでは基本定価で販売されているのでAmazonなどで買うとお得に入手できます。

それにしてもチップ4個で2000円超え、高いですよね、、、笑

どうやって交換する?

ペン先は回すことで脱着することができます。

手軽に交換できるのはいいですね。

ペン先を外すとこんな感じです。

ちなみに純正品を購入するとこんな感じで錠剤みたいに梱包されてきます。

裏側のシールを剥がして取り出すのですが、この一つ一つの丁寧な梱包にAppleらしさが出ていますよね。

交換の目安は、およその期間は?

次のサインが出てきたら交換の時期です。

交換のサイン

交換のサイン
  • ペン先が削れてきてつるつるしてきた。
  • ペン先が削れてきて平らになっている/中の金属が露出している。
  • ペン先が緩くなって外れやすくなってきた。

たくさん絵を描いている方はすぐにペン先が削れてきてしまうようですね。

ちなみに私は使い始めて半年くらいで交換したのですが、原因はペン先の摩耗ではなく緩みでした。

というのも私はよく手悪さでペン先の部分を回して遊んでいたところペン先が緩くなってきて、字を書いていてもすぐにペン先が外れてきたり、かばんに入れているだけでペン先が外れるようになってしまいました。

特殊なタイプなんでしょうかね、、、笑

では交換はおよそどれくらいの期間で必要になるのでしょうか。

およその期間

ペン先の削れやすさはペーパーライクフィルムを使用しているかどうかで変わります。

こちらは使用している方が多いと思いますが一応説明しておくと

ペーパーライクフィルムとはiPadでの書き心地を紙に近づけるためにざらざらした質感を再現した画面保護フィルムのことです。

Apple Pencilとペーパーライクフィルムを組み合わせるとほんとにストレスがなく、画面の書き込みへのイメージが大きく変わります。

  • このフィルムを使用しているとペン先との摩擦が大きくなるため摩耗は早くなります。

この場合およその目安は3ヶ月といわれています。

ただ私はこちらを使用して授業ノートをとったりしているのですがそれくらいの使い方だと半年経ってもあまり摩耗は目立ちませんでした。

逆にいつも絵を描いている私の知人は半年もするとペン先が真っ平らに潰れて中の金属の芯が露出していました。

ペーパーライクフィルムを使用していない方は画面がつるつるして書きづらいですがペン先の交換はあまり必要にならないかも知れません。

≫ペーパーライクフィルムは本当に必要?剥がしてガラスフィルムにした結果

サードパーティー製の代替品

品質に間違いないのは純正品ですが他社製のものも多数販売されています。

他社製品のメリット・デメリット

メリット
  • 価格が低い。
  • バリエーションがある(ペン先が細い物など。)

純正のものって小さなチップ4個で2,000円以上します。

それは高すぎて嫌という方もいますよね。

そういった方には価格の低いサードパーティー製のペン先を購入するのもオススメです。

またサードパーティー製だと純正の物よりペン先の細い物も売られており絵を描く人にはうれしいものになっています。

一方デメリットとしては

デメリット
  • 品質が悪いことがある。(精度が低いなど)

が挙げられます。

その点を理解した上で評価のいい物をえらんでみてください。

それを踏まえた上でいくつか評価の良さそうなものを選んでみたので参考にして見てください。

*実際に使用しているわけではないので品質を保証するものではありません。

おすすめの商品

こちらは先端が細く絵を書く方におすすめの商品になっています。

こちらの動画でもオススメされていますので気になる方はご覧下さい。

最後に

以上Apple Pencilのペン先交換について解説してきました。

もう一度まとめておきます。

ペン先が購入できるのは

  • Apple Store
  • Amazon
  • 楽天
  • 家電量販店

交換方法は

  • ペン先を回すことで脱着できる。

交換の目安は

  • ペン先が削れやすくなる
  • 金属の芯が露出している。
  • ペン先が外れやすくなっている

期間の目安は

  • ヘビーユーザーなら3ヶ月くらい。
  • 普通に使っていれば1年くらい。

サードパーティー製は

  • 価格が低い。
  • バリエーションがある。
  • 一方で品質が悪いことがある。

その他iPad周辺機器はこちら

≫AUKEYのUSB-C×2充電器[Swift Duo 40W]レビュー【Ankerと比較】

≫ペーパーライクフィルムは本当に必要?剥がしてガラスフィルムにした結果

≫【コスパ×生産性】iPad Pro&Airサードパーティー製アクセサリ6選

iPadの活用についてはこちらがおすすめ

≫オンライン授業の大学生にはiPadがおすすめ!おすすめする理由と機種

≫【かばんが軽くなる!】大学生のiPad活用術&おすすめアプリ9選

≫【iPad Air 4|Pro】ブログを外で書くならiPadがおすすめ!その方法を徹底解説

以上、ポッキーがお送りしました。

にほんブログ村 PC家電ブログ デジモノ・ガジェットへ
にほんブログ村
デジモノ・ガジェットランキング PVアクセスランキング にほんブログ村

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (1件)

コメントする

目次