カフェでトイレに行きたくなった時パソコンの防犯対策はどうする?

カフェで作業中にトイレに行きたくなった時、パソコンはどうしていますか?

画面を開いたまま置いていくのは不安ですよね。

だからといって毎回パソコンを持ってトイレに行くのは面倒だし、、。

今回はこのパソコンの防犯対策についてまとめましたのでよく外で作業する方、ノマドワーカーの方の参考になればと思います。

目次

PCを放置する危険性

想定されるリスクは主に三つあります。

  • 盗まれる
  • USBでデータを抜き取られる
  • USBでウイルスを仕込まれる

パソコンごと盗まれるのはもちろん、USBを挿すだけなら人目につかずに犯行に及ぶことができます。

以上の理由からお店でパソコンを置いたまま離席するのは危険で何らかの対策を講じる必要があります。

アンケートの結果

まずは現状把握のためにTwitterでアンケートをとった結果がありますのでご覧ください。

さすがにパソコンを開きっぱなしで離席する人は少なく、多くの人は最低限フタを閉じてロックしているようです。

一番確実なのは「絶対に席を離れない」なんですが、長時間の滞在になるとなかなか難しいですよね、、。

コーヒーの利尿作用もありいつもよりトイレに行く頻度はむしろ上がるのではないでしょうか。

そこで以下では「ロックして蓋を閉じていく」、「カバンにしまって置いていく/持っていく」場合の防犯対策を考えます。

推奨できる防犯対策

  • ロックしてカバンの中に隠しておく
  • トイレに持っていく
  • 防犯グッズを使う

ロックしてカバンの中に隠しておく

最も簡単にできるのがカバンに隠しておくという方法です。

もちろんカバンごと持っていかれてしまえば終わりなので万全の策ではありませんがデータを抜き取られるようなリスクは避けられます。

メリット

  • 簡単にできる
  • データの抜き取りやウイルス感染を防げる

デメリット

  • カバンごと盗まれる可能性

トイレに持っていく

この方法がもっとも確実な防犯対策になります。

カバンに隠しておくだけでは心配な人にはこちらがオススメです。

裸で持っていくと変に見られるのでケーズやカバンに入れて持っていくのが良いでしょう。

その一方で上着など盗まれても良いものを置いておかないと席を取られる可能性があります。

メリット

  • 全てのリスクを防げる

デメリット

  • 面倒くさい
  • 席を取られる可能性

防犯グッズを使う

その他の対策としてセキュリティアイテムを使う方法があります。

一つは「トレネ」というアイテムです。

パソコンの上に置いておくと振動を検知してアラームが鳴るというものですが、誤作動させると物凄い視線を集めそうです。

こちらはPCのセキュリティスロットに挿すことで物理的に盗難から守ることができます。

ただデータの抜き取りやウイルスの感染を防ぐことはできません。

結論

以上、カフェなど外でトイレに行きたくなったきのパソコンの防犯対策についてまとめました。

推奨できるのは最低限カバンの中に隠す、できるならトイレまで持っていく方法です。

隣の人が止めてくれるだろうといった油断は危険なので常に”もしも”の場合を考えて対策するようにしましょう。

こちらの記事も併せてご覧ください。

マクドナルドで作業する人に向けてオススメの時間帯や店舗、滞在時間などをまとめています。

≫【勉強・仕事】マクドナルドでの滞在時間は?オススメの時間帯や店舗選び、注文方法まとめ

また外でたくさん作業する人にはiPad×Magic Keyboardもオススメです。

≫PITAKA FlipBook Case for iPadレビュー/MagicKeyboardがカバンに

併せて使いたい

≫MagSafe&粘着テープ対応極薄ミニマル財布”eLusefor”レビュー

≫【レビュー】MagSafe対応MOFT /スタンド兼カードケース兼スマホリング

以上、ポッキーがお送りしました。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次