PITAKA AppleWatchバンド&ケースレビュー【スタイリッシュ・モダン】

今回はPITAKAのAppleWatchバンド&ケースについてよかった点、気になった点など正直にレビューしていきます。

スタイリッシュで高級感のあるバンドが欲しいという人にはぜひ試して欲しい商品です。

この記事は商品をPITAKAさんよりご提供いただいて作成していますが忖度なくレビューしています。

目次

カーボン製Watchバンド

まずは”PITAKA Carbon Fiver Watch Band“のレビューです。

開封の様子・写真

届いた箱はかなりずっしりしていて持った瞬間に高級感を感じられます。

安いサードパーティー製のバンドだとパッケージがビニールの袋一枚だったりするのでこれには驚きました。

中身が引き出しやすいように紐が付いていたり、勝手に箱が空かないように中に磁石が入っていたりと細部にまでこだわりを感じます。

開封前から一本九千円超えの価値を感じます。

同梱物はこんな感じ。

  • バンド
  • 説明書
  • 長さ調整用のピン
  • 予備のパーツ

AppleWatch Series7 41mm スペースグレーに装着するとこんな感じです。

事前に写真で見ていたよりも実物がかっこよくて驚きました。

他に似たものがない、唯一無二のデザインが最高ですね。

長さの調整

どんな手首の太さにも対応できる様作られているためほとんどの人は最初にバンドを短くする必要があります。

手首細めの筆者が付けてみるとこんなに余ります。

バンドを短くするには説明書のようにピンを穴に差し込んでパーツを外します。

手順は簡単なのですが外すにはコツが必要で最初の一個を外すのにすごく苦労しました。

一度つかんでしまえばほぼワンタッチではずせます。

また、はじめに予備として入っている2つのパーツだけ2mmくらい幅が広いのでこれを使って微調整できます。

ちなみに私は8個のパーツを外して予備のパーツを2つ付けることでジャストサイズに調整できました。

いいところ

実際に使ってみてよかったところがたくさんありました。

値段相応の高級感

サードパーティー製のAppleWatchバンドだと1,000円前後の物もざらにあるので9,000円を超えるこのバンドはかなり高額な分類になります。

ただ実際に使ってみると安い製品との違いは歴然でこれだけ高い金額を出しても満足できるクオリティです。

手の込んだパッケージの箱に始まり見た目の高級感や耐久性、造りの精密さを実感でき、購入者の期待にしっかり応えてくれます。

なお今までの購入したサードパーティー製のバンドはこちらで紹介しています。

≫サードパーティ製のAppleWatchバンドを買うメリット・デメリット

唯一無二のデザイン

サードパーティー製のAppleWatchのバンドはApple純正品の模倣など二番煎じが多い中でこのバンドはオリジナリティあふれる独特のデザインになっています。

留め具が目立たない

カーボン製の高級感と綺麗な模様、留め具が一切目立たないデザインがスタイリッシュな見た目を実現しています。

他のサードパーティー製バンド

実際この6本のバンドのどれとも似ていませんよね。

かっこいいだけでなく、周りの人と被りたくない人にもオススメのバンドです。

磁石で脱着が楽

磁石なので留め具を近づけるだけでカチッと気持ちよく締まります。

また外すときには両サイドのボタンを押しながら磁石を剥がすことで簡単に外れます。

両サイドのボタンを同時に押す必要があるので意図せず外れることもありません。

完全に左右のバンドが独立するので充電にも支障がありません。

この留め具もオリジナリティがありつつ使い勝手がいいので気に入っています。

というのもこの技術は特許を取得しているようです。

細かく長さ調整できる

上記で紹介したように8mmと10mmのパーツを自在に組み合わせられるのでどんな太さの手首でもフィットさせられます。

Apple純正のバンドだと購入前に自分の手首の太さに合わせてサイズを選ぶ必要があるためサイズを間違えて購入すると使えないことがあります。

でもこのバンドならその心配もなく、サイズがわからない他人へのプレゼントにも安心です。

また一度調整してしまえば長さは変わらないので毎朝腕に付けるときが楽です。

気になるところ

気になるところ
  • 長さ調整が難しい

公平なレビューにするためになるべく気になる点を挙げようと思ったのですが1つしか見つかりませんでした。

長さ調整が難しい

専用のピンでパーツを外して長さを調整しますがコツが必要ではじめはかなり苦戦します。

ピンをただ奥まで押し込めばいいわけではなくちょうど良い押し加減が必要です。

慣れればほぼワンタッチで外せるようになるので練習あるのみです。

パーツが外れたときに中の金属棒が飛んでいってしまうことがあるのでなくさないよう注意!

気にはなりますが調整が必要なのは始めだけなので許容できるかなとは思います。

続いてWatchケースのレビューです。

Watchケース

つぎにAppleWatchケース”Air Case”のレビューです。

開封の様子・写真

バンドに比べると簡素なパッケージです。

バンドと同じ模様

AppleWatchに装着するとこんな感じです。

バンドを着けたまま簡単に装着できます。

サイズもピッタリでディスプレイの淵に沿うようにできています。

次に使ってみて気付いたことを紹介していきます。

いいところ

薄くて軽い

公式によると薄さは0.85mm、重さは1g以下です。

AppleWatchの重さやサイズを変えずに本体を着せ替えることができるケースです。

存在感が強すぎない

上で紹介したようにケースが薄いので良い意味で存在感が小さいです。

そのため私のように、AppleWatch本体のデザインを楽しみたい、ケースは付けたくない人でも気にせず使えます。

付けず嫌いでケースは使ったことがなかったのですが今回使ってみてめちゃめちゃ気に入りました.

他のバンドとも合うので最近はずっと付けてます。

脱着が簡単

上からかぶせるだけなのでバンドを付けたままでも脱着できます。

特に難しい操作もないので気分に合わせて気軽に使えます。

だからといってサイズが緩いわけでもなくジャストサイズなので装着中のストレスもありません。

気になるところ

気になるところ
  • デジタルクラウン横の出っ張り

公正なレビューになるようになるべく気になるところを挙げたかったのですがこれしかありませんでした。

デジタルクラウン横の出っ張り

ディスプレイに干渉することはないのですがちょっと出っ張ってるのでデザイン的に気になるかもしれません。

構造的に仕方ないと思いますが、少し気になったのでお伝えしておきます。

さいごに

以上PITAKAの Carbon Fiver Watch BandAir Caseを使って感じたことをお伝えしました。

個人の感想としては総合的にすごく満足で気に入っています。

高い分買ってしまえば後悔はしないと思います。

購入はこちら

その他AppleWatchバンドについてはこちらの記事で紹介しています。

≫サードパーティ製のAppleWatchバンドを買うメリット・デメリット

その他PITAKA製品はこちら

≫PITAKA FlipBook Case for iPadレビュー/MagicKeyboardがカバンに

AppleWatch本体についてはこちら。

≫【比較レビュー】Apple Watch Series3,7,SE 買うならどれ?

AppleWatch活用法はこちら

≫【2022年最新】大学生の日常でAppleWatchが役に立つ場面と活用例

充電ケーブルについてはこちら。

≫【レビュー】ANKER Magnetic Cable Holderホワイト

≫AUKEYのUSB-C×2充電器[Swift Duo 40W]レビュー【Ankerと比較】

オススメの iPhoneアクセサリーはこちら

≫【レビュー】MagSafe対応MOFT /スタンド兼カードケース兼スマホリング

≫MagSafe&粘着テープ対応極薄ミニマル財布”eLusefor”レビュー

オススメのiPadアクセサリーはこちら

≫【王道】BoYata PC・タブレット&iPadスタンドレビュー

≫【コスパ×生産性】iPad Pro&Airサードパーティー製アクセサリ6選

以上、ポッキーがお送りしました。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次