【モバイルバッテリー】Anker 633 Magnetic Battery(MagGo)レビュー

近年はますます競争が激しくなっているモバイルバッテリー。

今回「MagSafe対応」、「急速充電(PD)対応」であることを満たすものを探した結果ヒットしたのがAnkerの633 Magnetic Battery(MagGo)です。

安心のAnkerに信頼を寄せて購入したわけですが結果としてすごく満足しています。

以下では実際に使ってみて良かったところ、気になったところを紹介しますので購入の参考にしてください。

目次

仕様・写真レビュー

本体の他にUSB-C to USB-Cのケーブルが同梱されています。

ワイヤレス充電

裏面はこんな感じでマグネット式ワイヤレス充電が可能です。(iPhone12以降のみ)

MagSafeのようにくっつけて使えるのですが本製品の出力は7.5WでMagSafe規格の15Wには達していないため”マグネット式ワイヤレス充電”と称しています。

iPhone12

下側は若干はみ出るようになっていますが特段気になりません。

厚みは18mmとiPhoneの2倍くらいあるので持ちにくさはあります。

iPhone8以降のモデルやAirpodsなどQi充電に対応しているものならマグネットで固定こそできないもののワイヤレス充電は可能です。

USB-C入出力

側面にはUSB-Cのポートがあり最大20Wの入出力に対応しています。

つまりモバイルバッテリーへの充電、モバイルバッテリーからの充電がどちらもUSB-Cケーブルでの高速充電が可能です。

そのおかげで iPhone約2回分の大容量(10000mAh)を4.5時間でフル充電できます。

安いモデルはモバイルバッテリーへの充電がMicro-USBになっており充電速度が遅かったりケーブルの数が増えます。

出力についてもiPhone12やiPhone13は有線充電の最大速度が20Wになっているのでフルスピードで充電できます。

またiPadなどのタブレットも十分に充電できる速度です。

(iPadに付属の純正アダプタは20W)

USB-A出力

底面には最大18W出力のUSB-Aポートと電源ボタンがあります。

こちらは出力のみです。

複数ポート使用時

単ポート使用時は最大出力がワイヤレスで7.5W、USB-Cで20W、USB-Aで18Wでしたが複数ポートを同時に使用すると合計で最大18Wの出力になります。

ワイヤレス+USB-Cの場合だとどちらも約7.5Wの出力になるのでiPhoneへの充電は変わらずUSB-C出力が半分になります。

よってiPhoneとiPadの同時充電は難しそうです。

USB-C+USB-Aの場合も同様に約7.5W前後の出力になりました。

以上のように様々な使い方ができそうです。

スタンド機能

また脚を開くことでスタンドとしても利用できます。

カフェや外での食事の時などに大活躍しています。

縦向きはもちろん、横向きでも使えるので動画コンテンツも楽しめます。

いいところ

  • MagSafe対応
  • iPhoneを最速で充電
  • iPhone2回分の大容量
  • スタンド機能付き

MagSafe対応

出力電圧が規格の半分なので正確にはMagSafeではありませんが、ワイヤレスで持ち歩けるのはすごく便利です。

充電中もいつも通りポケットに入れることができるので邪魔になりません。

iPhone12以降のMagSafe対応モデルを使っているなら利用しない手はありません。

iPhoneを最速で充電

一昔前のモバイルバッテリーというと充電が遅いイメージでしたが当モデルはコンセントにつなぐのと同様の、iPhoneが対応できる最大のスピードで充電してくれます。

iPhone2回分の大容量

さらにiPhone12を2回充電できる容量なので一泊や二泊の旅行ならこれ一つでコンセント要らずです。

スタンド機能付き

モバイルバッテリー機能だけでも大満足なのにとどめを刺すようにスタンド機能がついており、もうユーザーの満足度は計り知れません。

モバイルバッテリーがかなり重く手に持っていると疲れるのでその点でもスタンド機能は重宝します。

気になるところ

  • 重くて厚い
  • MagSafeよりは充電が遅い
  • ポケット内で外れる
  • 汚れやすい

重くて厚い

10000mAh大容量の大容量の割にはむしろコンパクトだと思いますがMagSafeアクセサリーとしてはかなり大きいです。

重さも約218gとかなり重めなので長時間保持するには手が疲れます。

MagSafeよりは充電が遅い

ワイヤレス充電の場合、MagSafe規格15Wの半分なので充電速度は結構落ちます。

その点購入前に確認しておきましょう。

ポケット内で外れる

磁力は手で持って使っている分には十分なのですが、ポケットに入れるとモバイルバッテリーの重みですぐに外れてしまします。

ポケットに入れて持ち歩けるようにMagSafeで固定できるものを買ったので結構残念でした。

汚れやすい

白いモデルを買ったこともありますが角に汚れがつきやすくよく目立ちます。

一回カバンに入れて持ち歩いただけで写真のように四隅が汚れてしまいました。

従って汚れが目立ちにくい色を選んだり、ポーチなどに入れて持ち歩くことをオススメします。

最後に

以上Ankerから発売されているモバイルバッテリー、633 Magnetic battery(MagGo)をレビューしました。

633 Magnetic battery(MagGo)
総合評価
( 4.5 )
メリット
  • MagSafe対応
  • iPhoneをフルスピードで充電
  • iPhone2回分の大容量
  • スタンド機能付き
デメリット
  • 重くて厚い
  • MagSafeより充電が遅い
  • ポケット内で外れる
  • 汚れやすい

iPhoneを充電するには申し分ないスペックでiPhone12以降を使っている人なら買わない理由はありません。(値段以外は、、、)

そのほかMagSafe対応アクセサリーはこちらで紹介しています。

≫【厳選】iPhone向けMagSafeアクセサリーおすすめ5選

≫【レビュー】MagSafe対応MOFT /スタンド兼カードケース兼スマホリング

≫MagSafe&粘着テープ対応極薄ミニマル財布”eLusefor”レビュー

≫【スマホリング】Anker 610 Magnetic Phone Grip(MagGo)レビュー

その他のAnker製品はこちらで紹介しています。

≫【スマホリング】Anker 610 Magnetic Phone Grip(MagGo)レビュー

≫【Anker】EufyハンディークリーナーHomeVac H11レビュー

≫【レビュー】ANKER Magnetic Cable Holderホワイト

≫AUKEYのUSB-C×2充電器[Swift Duo 40W]レビュー【Ankerと比較】

以上、ポッキーがお送りしました。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次