【Proと比較】iPad Air(第五世代) は大学生におすすめ?

今回は大学生にiPad Air(第五世代)はオススメなのか、iPad Proと比較しながら検証していきます。

大学のオンライン化が進んだことで周りでもiPadを活用している学生が増えてきました。

実際私はiPadを活用することで大学に行く時の荷物をiPad一台に減らすことができました。

そんな中で人気機種の後継機として登場した最新のiPad Air(第五世代)について詳しく見ていきます。

この記事はこんな人に向けて書いています
  • 大学用に新しくiPadを買いたい
  • どの機種を買えば良いかわからない
  • ProとAirで迷っている
目次

仕様

まずは上位モデルのProと比較しながらiPad Air(第五世代)のスペックを見てみます。

むずかしいことはわからないと言う人には次の項目でProとの違いをわかりやすく解説していますのでここは読み飛ばしてください。

スクロールできます
iPad Air(第五世代)iPad Pro
ディスプレイ10..9インチ,
Liquid Retinaディスプレイ
12.9/11インチ,
Liquid Retinaディスプレイ
ProMotionテクノロジー
ストレージ64GB, 256GB128GB, 256GB, 512GB, 1TB, 2TB
ロックTouch IDFace ID
チップM1チップM1チップ
バックカメラ12MP広角バックカメラ12MP広角バックカメラと
10MP超広角バックカメラ
フロントカメラ12MP広角フロントカメラ 
センターフレーム対応
TrueDepthフロントカメラ 
センターフレーム対応
給電・データ転送USB-CThunderbolt/
USB4対応のUSB-Cコネクタ
モバイル通信5G対応5G対応
対応アクセサリーApple Pencil,
Magic Keyboard,
Smart keyboard Folio
Apple Pencil,
Magic Keyboard,
Smart keyboard Folio
カラーバリエーションスペースグレイ、ピンク、パープル、
ブルー、スターライト
スペースグレイ、シルバー
価格74,800円(税込)94,800円(税込)

ProとAirの違いは?

違いを端的にまとめるとこんな感じです。

Air(第五世代)とProの違い
  1. 映像の滑らかさ(ProMotionテクノロジー)
  2. 超広角カメラの有無(レンズが一つか二つか)
  3. USB-Cのデータ転送速度
  4. Touch IDかFace IDか
  5. ストレージ容量

これだけの違いなのに価格差が2万円もあります。

映像の滑らかさ(ProMotionテクノロジー)

iPad ProのディスプレイにはProMotionテクノロジーが搭載されており、より滑らかな動きが表現されているようですがほとんど違いがわかりません。

一般大学生には必要ない機能です。

超広角カメラの有無(レンズが一つか二つか)

普通の広角カメラで遠くの物をアップで撮ろうとすると映像だけが拡大されるので画質が落ちますが、超広角カメラをつかうと望遠撮影が可能になるので画質を保ったまま遠くの物を撮影できます。

ただこの機能を使う機会はあまりないのではないでしょうか。

そもそもiPadのカメラを使う機会が少ないのに外で遠くの物を撮影する機会なんてありませんよね。

iPhoneを使えばいいと思います。

USB-Cのデータ転送速度

iPad Air(第五世代)とiPad ProはどちらもUSB-C端子を搭載していますが規格が違うため転送速度や転送できる内容が異なります。

Air(第五世代)の転送速度が10Gbbtpsなのに対してProは4倍の40Gbbpsとなっています。

そのためProの方がより容量の大きいデータをより高速に転送できるのはもちろん、USB-Cケーブル一本で外部ディスプレイに接続することもできます。

  • Pro以外のiPadを外部ディスプレイに接続するためには別途HDMIケーブルと接続するためのアダプタが必要になります。

詳しくはこちらの記事で解説しています。

≫iPadを外部ディスプレイに接続する方法

Touch IDかFace IDか

ロック解除のためにはiPad Air(第五世代)ではTouch IDが、iPad ProではFace IDが搭載されています。

ただ学校やカフェで使うことも考えるとマスクをしたまま使えるTouch IDの方が便利ではないでしょうか。

iPhoneではApple Watchを使ったり、iPhone12以降では単体でもマスク着用中のロック解錠が可能になりましたがiPad Proには実装されていません。

≫【比較レビュー】Apple Watch Series3,7,SE 買うならどれ?

ストレージ容量

Air(第五世代)とProではストレージ容量の構成が違います。

Airが64GB、256GBと少なめなのに対してProは128GB、256GB、512GB、1TB、2TBと多めの構成になっており動画編集などリエイター向けになっています。

大学生が一般的な用途で使う分にはiCloudやOne Driveなどクラウドサービスで補うことができるので64GBでも十分です。

よってProのように大容量である必要はありません。

1年使い続けても44/64GB

本体のストレージを増やして2万円(Airの256GB/Proの128GB)プラスに払うよりも月額130円でiCloudの容量を拡張する方がオススメです。

これだけの違いなのにProの方が+二万円もします。

ここまでAir(第五世代)とProの違いを理解した上でどちらがおすすめなのか見ていきましょう。

大学生にオススメなのは?

ずばりiPad Air(第五世代)です。

オススメする理由

ではなぜ大学生にはiPad Air(第五世代)がオススメなのか見ていきます。

大学生の用途

まずは参考として大学生である私がどのように使っているのか紹介します。

大学生の用途
  • 授業ノート
  • 電子辞書
  • 暗記
  • 読書・参考書
  • オンライン授業
  • オンライン家庭教師
  • ブログ
  • エンタメ(動画・映画)

詳しくはこちら

≫【かばんが軽くなる!】大学生のiPad活用術&おすすめアプリ9選

高スペックは不要

上記の用途を見てみるとProにしかないような高スペックは不要なことがわかります。

もう一度おさらい

Air(第五世代)とProの違い
  1. 映像の滑らかさ(ProMotionテクノロジー)
  2. 超広角カメラの有無(レンズが一つか二つか)
  3. USB-Cのデータ転送速度
  4. Touch IDかFace IDか
  5. ストレージ容量

さいごに

以上、大学生にはiPad Air(第五世代)がオススメというテーマでお話ししました。

そもそもiPad AirはProより2万円も低い価格なのにおおよそできることが変わらない超コスパの良いモデルになっています。

元々無印やminiとProの中間モデルとして登場したAirシリーズですが技術の向上によりProシリーズとの差別化が難しくなっている印象です。

次のProモデルでどのように差別化してくるのか楽しみですね。

またiPadが高くて手を出せないという人にはAndroidタブレットもオススメです。

≫iPhone・iPadユーザーがAndroidを使って気づいたメリット・デメリット

iPad周辺機器はこちら

≫ペーパーライクフィルムは本当に必要?剥がしてガラスフィルムにした結果

≫【王道】BoYata PC・タブレット&iPadスタンドレビュー

≫AUKEYのUSB-C×2充電器[Swift Duo 40W]レビュー【Ankerと比較】

≫【Apple Pencilのペン先】購入場所、交換時期、交換方法や代替品などを徹底解説

≫【コスパ良】iPad Pro&Airサードパーティー製アクセサリ6選

≫PITAKA FlipBook Case for iPadレビュー/MagicKeyboardがカバンに

こちら記事も合わせてご覧下さい。

≫オンライン授業の大学生にはiPadがおすすめ!おすすめする理由と機種

≫【iPad Air 4|Pro】ブログを外で書くならiPadがおすすめ!その方法を徹底解説

≫【iPadはいらないというあなたへ】iPadは買ってから活用の幅が広がる!

≫windows×iPad 相性は悪くない?Windows持ち大学生がiPadを買った結果

iPhoneアクセサリーはこちら

≫MagSafe&粘着テープ対応極薄ミニマル財布”eLusefor”レビュー

≫【レビュー】MagSafe対応MOFT /スタンド兼カードケース兼スマホリング

以上、ポッキーがお送りしました。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次