【ケースはいらない】iPhoneを裸で使うメリット・デメリット

やっぱりiPhoneのデザインってかっこいいですよね。

せっかくならケースをつけずに裸で使いたいという人も多いと思います。

そこで今回は実際にiPhoneを裸で使ってみた結果をお伝えします。

目次

歴代のケース

iPhone12を購入してから一年間、なるべくデザイン性を害さないようなシンプルなケースをいくつか使ってきました。

一番左は詳細はわかりませんが堅くてツルツルした材質です。

まったく汚れないというメリットの反面滑りやすいというデメリットがあります。

真ん中はオウルテックというメーカーのsofumoシリーズです。

カラバリや質感がオシャレで気になる点は特にありません。

その後MagSafe充電器が使いた買ったのでMagSafe対応ケースを購入しました。

柔らかい素材で特に問題なく使えるのですが半年くらい使っただけで写真のように汚れてしましました。

下の方やボタン周りなど手で持つ部分が汚れてしまっています。

ケースが汚れてきたこともあり今回実験的に裸で使ってみることにしました。

前面にはガラスフィルムを貼っています。

iPhoneやiPadなどガラスフィルムは安くて高品質なNIMASOがオススメ

以下使ってみて気付いたことをお伝えします。

メリット

  • かっこいい
  • 薄くて軽い
  • 熱が籠もらない
  • MagSafeが使いやすい

かっこいい

なんと言っても一番のメリットはこれです。

ツルツルした綺麗なガラスの背面にマットで上品なアルミの側面。

細いベゼルに角張った本体。

せっかくAppleがデザインにこだわっているのにケースで隠してしまったら可哀想、もったいない、いや失礼!

薄くて軽い

裸で使うことを決めたもう一つの理由がこれです。

ものすごく薄いので持ちやすいのはもちろん、ズボンのポケットに出し入れしやすくなりました。

入れている間も「あれ、なくした?」とポケットを触って確認してしまう程に存在感がありません。

薄いケースでも全然違います。

MagSafeが使いやすい

ケースを付けてMagSafeを使いたい場合には対応ケースを買う必要がありますがもちろん裸なら不要です。

しっかりとした磁力でくっついてくれます。

熱が籠もらない

材質にもよりますがケースを付けていると本体背面からの排熱を妨げてしまいます

Apple公式もiPhoneが熱くなる原因の一つにケースを挙げています。

本体の熱はバッテリーの劣化に繋がるので長時間の動画視聴やゲームでよく熱くなる人は要注意です。

以上がiPhoneを裸で使うメリットです。

デメリット

  • 小傷が付く
  • リセールバリューが下がる
  • 滑りやすい
  • 個性がない

小傷がつく

やはり一番心配なのが傷ですよね。

ただここまで半年ほど裸で使ってきて目立った傷は付いていません。

ほとんど落としたりはしていないのですがAppleも丈夫さを売りにしていますから簡単には破損しません。

前面についてはガラスフィルムを貼っているのでフィルムの端が割れているだけで画面自体は無傷です。

一度アスファルトの上に落としたのですがガラスフィルムが割れただけで本体の画面は無傷でした。

よってケース装着時に比べれば傷は付きやすいものの恐れるほど簡単には傷つきません。

リセールバリューが下がる

新しい機種が出たら現在のモデルを売って買い換えたいと言う人は要注意です。

前述のように目立たなくても小傷が付けば売却する際の価格は下がります。

ちなみに前使用していたiPhone7はケースをしていても中に入った砂やホコリで傷が付きました。

背面はきれい
角には傷

高校生だったこともあり学校など砂の多い環境だったのが原因なのか、iPhone7の丸みを帯びたデザインが原因なのか、材質が原因なのかはわかりません。

一方iPhone12は一年間ケースを付けて使っても傷つきませんでした。

滑りやすい

裸だと指が滑りやすくひっかかりもないので落としてしまう可能性がかなり高いです。

外で歩きながら操作するときには心配なので両手で持つようにしています。

気をつけているからこそ今のところは落としていませんが早めにスマホリングなどを付けるのがオススメです。

個性がない

2022年6月時点で日本のiPhoneのシェアは44.1%、10代においては約8割と高い割合を占めています。

そんな中でiPhoneケースは周りとの差を付け個性を出すために一役買っています。

ただほとんど9割以上の人がケースを付けて使っているので裸で使うのはもはや個性だと個人的には思います。

以上がiPhoneを裸で使うデメリットです。

傷や破損を防ぐために

最後に裸で使いたいけど傷つけたくないと言う方のために最低限するべき対策を紹介しておきます。

  • ガラスフィルムを貼る
  • クリアケースを使う
  • スマホリングを付ける

ガラスフィルムを貼る

フィルムだけなら見た目を損なうことなくiPhoneを保護することができます。

中でもガラスフィルムは丈夫なのに画面の美しさや操作性を保ってくれるのでオススメです。

メーカーはAmazonで買うならNIMASOがオススメで安いのに高品質なので超人気です。

iPadやiPhoneに使っていますが実際めちゃめちゃ気に入っています。

1,000円ちょっととお手頃な価格なのにこの高級感のある包装。

しかもフィルムやホコリ取りシール、ウェットシートなどが2セットずつ入っています。

もう一度いいますがこれで1,199円です。

貼る際にもガイド枠も付いておりフィルムのサイズとぴったりなのでズレようがありません。

約3分で完了。

フィルム自体も内カメラの部分まで覆う形で淵も滑らかに切られているので文句なしです。

iPad版の写真も付けておきます

iPadのガラスフィルムについてはこちらにまとめています。

≫ペーパーライクフィルムは本当に必要?剥がしてガラスフィルムにした結果

クリアケースを使う

もはや裸ではありませんがiPhoneのデザインは十分楽しめるので傷つくのが怖い人にはオススメです。

一概にクリアケースといっても堅くてツルツルしたものや柔らかくて滑りにくいものなど多様なのでよく選びましょう。

スマホリングを付ける

滑りやすいのでスマホリングでもカードケースでもなにか背面につけるのがオススメです。

iPhone11以前なら粘着シールで、iPhone12以降ならMagSafeで気軽に付けられるので試してみて下さい。

中でもオススメなのはMOFTという製品です。

MagSafe対応スマホリング兼カードケース兼スマホスタンド!

詳しいレビューはこちらにまとめています。

≫【レビュー】MagSafe対応MOFT /スタンド兼カードケース兼スマホリング

また財布機能を中心に使いたい方にはeLuseforという極薄ミニマル財布がオススメです。

≫MagSafe&粘着テープ対応極薄ミニマル財布”eLusefor”レビュー

そして最もシンプルで品質が良いのがAnkerの610 Magnetic Phone Gripです。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

≫【スマホリング】Anker 610 Magnetic Phone Grip(MagGo)レビュー

オススメのMagSafeアクセサリーはこちらの記事でまとめています。

≫【厳選】iPhone向けMagSafeアクセサリーおすすめ5選

併せて読みたい

≫【モバイルバッテリー】Anker 633 Magnetic Battery(MagGo)レビュー

さいごに

以上、iPhoneを裸で使ってみた結果をお伝えしました。

注意を払えば裸でも十分使えるのでiPhoneのデザインを楽しみたい人、最軽量で使いたい人はぜひ試して下さい。

iPhoneユーザーから見たAndroidについてはこちらの記事で紹介しています。

≫iPhone・iPadユーザーがAndroidを使って気づいたメリット・デメリット

充電ケーブルについてはこちら

≫【レビュー】ANKER Magnetic Cable Holderホワイト

≫AUKEYのUSB-C×2充電器[Swift Duo 40W]レビュー【Ankerと比較】

iPadについてはこちら

≫【iPadはいらないというあなたへ】iPadは買ってから活用の幅が広がる!

≫【かばんが軽くなる!】大学生のiPad活用術&おすすめアプリ9選

≫オンライン授業の大学生にはiPadがおすすめ!おすすめする理由と機種

≫【王道】BoYata PC・タブレット&iPadスタンドレビュー

AppleWatchについてはこちら

≫【2022年最新】大学生の日常でAppleWatchが役に立つ場面と活用例

≫【比較レビュー】Apple Watch Series3,7,SE 買うならどれ?

≫サードパーティ製のAppleWatchバンドを買うメリット・デメリット

ダイエットしたい人に

≫【arboleaf】スマート体重計”CS20M”レビュー|自動でアプリに記録

以上、ポッキーがお送りしました。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次